読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銅爺のフォトログ

広島を中心とした行事等の写真を投稿しています

縮景園の梅 3(広島)

 縮景園は、広島藩主浅野長晟が、元和6年(1620)から別邸の庭園として築成したもので、作庭者は茶人として知られる家老の上田宗箇。園内には紅梅・白梅合わせて17種類、約110本の梅の木があり、その内約100本が梅林にあります。本日は、天気も良く多くの人が訪れていましたよ・・・

f:id:nozomu15oct:20170219175954j:plain

f:id:nozomu15oct:20170219180036j:plain

f:id:nozomu15oct:20170219180111j:plain

 広島市中区上幟町 縮景園にて

鞆・町並ひな祭(広島)

 鞆の浦に古くから残る町家や商店、旅館で代々伝わる雛飾りを公開。鞆の浦歴史民俗資料館、国重要文化財の太田家住宅や市重要文化財の鞆の津の商家、町家など約100ヶ所。江戸時代末期の「七段飾り」、明治期の「御殿飾り」など時代物の豪華な雛飾りが楽しめますよ・・・3月20日まで

f:id:nozomu15oct:20170219074811j:plain

f:id:nozomu15oct:20170219074928j:plain

f:id:nozomu15oct:20170219074950j:plain

 広島県福山市鞆町 太田家住宅附近にて

天領上下ひなまつり(広島)

 かつて江戸幕府天領として栄え、今でも江戸期から明治、大正時代の風情漂う町並みが残る上下町で、12回目となる「天領上下ひなまつり」が開催されます。白壁やなまこ壁、格子戸など懐かしい町並みが続く通りに餅花が飾られ、各商店や上下歴史文化資料館には雛人形が展示されます。まつり期間中、さまざまな催しが予定されているほか、3月4日と5日は約80軒が出店する「でこ市」が、3月18日と19日は「手創り市」が行われます。3月20日まで

f:id:nozomu15oct:20170218172959j:plain

f:id:nozomu15oct:20170218173031j:plain

f:id:nozomu15oct:20170218173055j:plain

 広島県府中市 上下町商店街にて

三原神明市(広島)

 瀬戸内の春祭りの先駆けとして知られ、毎年30万人以上の人出で賑わう西日本有数の縁日が今年も開催されます。期間中は、500軒を超える露店や催し物が軒を連ね、植木市やダルマ市も催されます。祭りのシンボルとなる高さ3.9m、重さ500kgもある日本一の大ダルマの登場や、2015年に約60年ぶりに復活した張り子のだるま行列が見どころとなっています。※期間中の毎日9:00~20:00、JR三原駅北側一帯(東町、館町、本町)で交通規制があります。2月12日まで

f:id:nozomu15oct:20170211033724j:plain

f:id:nozomu15oct:20170211033747j:plain

f:id:nozomu15oct:20170211033813j:plain

 広島県三原市 JR三原駅北側附近にて

縮景園の梅 2(広島)

 縮景園は、広島藩主浅野長晟が、元和6年(1620)から別邸の庭園として築成したもので、作庭者は茶人として知られる家老の上田宗箇。園内には紅梅・白梅合わせて17種類、約110本の梅の木があり、その内約100本が梅林にある。春を告げる梅の開花に合わせ、本席清風館と芳香漂う梅林に甘酒席を設けて開催される「梅見茶会」は早春恒例の行事ですが、今年の「梅見茶会」は中止ですよ・・・

f:id:nozomu15oct:20170208155802j:plain

f:id:nozomu15oct:20170208155816j:plain

f:id:nozomu15oct:20170208155839j:plain

 広島市中区上幟町 縮景園にて

 

節分祭(広島護国神社)

 2月3日 午後3時30分から祭典。祭典の後は追儺(ついな)の弓神事が行われ、鬼の的に神職が三本の矢を放ちます。その後、境内中央に設営された櫓から、豆まきが行われます。撒かれた豆の中には「福券」がついたものがあり、カープ選手のサイン色紙や、破魔矢などの縁起物が当たりました。

f:id:nozomu15oct:20170204183236j:plain

f:id:nozomu15oct:20170204183258j:plain

f:id:nozomu15oct:20170204183337j:plain

 広島市中区基町 広島護国神社にて

節分祭「焼嗅がし神事」(広島)

 平安時代の節分祭「焼嗅がし神事」が住吉神社で執り行われます。巫女たちが鰯1000匹の頭を焼き、その臭いをたたみ一畳分の大うちわであおぎ、厄祓いをする珍しい神事です。赤鬼、疫病神、貧乏神をはじめ、世間を騒がせた人物などに扮した人々が次々と参ります。神事終了後、参拝者は鰯の頭をヒイラギの枝に刺した縁起物を持ち帰ることができます。豪華景品が当たるくじ付き豆まき大会も行われました。

f:id:nozomu15oct:20170204160359j:plain

f:id:nozomu15oct:20170204160424j:plain

 赤鬼より恐い貧乏神

f:id:nozomu15oct:20170204160528j:plain

 広島市中区住吉町 住吉神社にて