読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銅爺のフォトログ

広島を中心とした行事等の写真を投稿しています

岩国錦帯橋の鵜飼

 夏の風物詩「錦帯橋の鵜飼」は、錦帯橋上流の錦川で行われます。古式ゆかしい衣装に身をかためた鵜匠が、巧みな手綱さばきで鵜をあやつる伝統漁法です。
その起源は古くいまから約380年前といわれ、江戸時代に一時中断されていましたが、昭和27年(1952)に復興され現在にいたります。
 かがり火が川面に写り、錦帯橋を浮かび上がらせる夜景は見応えがあります。

f:id:nozomu15oct:20150712071119j:plain

f:id:nozomu15oct:20150712071154j:plain

f:id:nozomu15oct:20150712071224j:plain