読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銅爺のフォトログ

広島を中心とした行事等の写真を投稿しています

錦帯橋の鵜飼

 錦帯橋の鵜飼(錦川の鵜飼)は、今を去る約370余年前(寛永年間)旧岩国藩主吉川広嘉公の青年時代から始まったものであり、実際にはそれよりもっと以前に始まったようです。一時中絶したことはありますが、大変古い伝統をもち、戦後、故・岩見屋保氏が昭和21年、復興に着手。後になり(財)錦川鵜飼振興会によって運営されていましたが、平成19年6月には鵜飼事業のすべてが錦帯橋鵜飼振興株式会社に移管され、現在に至っています。

f:id:nozomu15oct:20150714045104j:plain

f:id:nozomu15oct:20150714045150j:plain

f:id:nozomu15oct:20150714045221j:plain